東電労組第67回定時大会。必勝セレモニー!

 〜エネルギー政策は国会で議論〜

2022.5.26

2022年5月26日(木)、東電労組第67回定時大会が都内で開催され、必勝セレモニーが行われ挨拶。15の地区本部と青年活動委員会を巡ったバトンを会場で受け取り、18年間にわたるご支援に感謝を申し上げ、「エネルギー政策は国会で議論される。組織内国会議員が必要」と訴え、バトンを竹詰ひとし・国民民主党比例代表公認候補予定者に渡し、激励。会場とウェブの330名を超える皆さんとガンバロウを三唱しました。

大会には、玉木雄一郎・国民民主党代表が出席され、竹詰候補予定者にエールを送り、 国民民主党のマニフェスト「電気料金の値上がりと電力需給ひっ迫を回避し、富の流出を防ぐため、法令に基づく安全基準を満たした原子力発電は再稼働するとともに、次世代炉等へのリプレース(建て替え)を行います」を報告。大きな拍手が送られました(^^)。

5月28日(土)には、都内の礎会館で、関東電力総連政治連盟設立パーティーおよび「竹詰ひとし」決起集会が開かれ、小池百合子・東京都知事、荒木ちはる・参院選東京選挙区ファーストの会候補予定者とともに、竹詰候補予定者を激励しました。

写真
写真
このページのTOPへ