国民民主党・ファーストの会・合同街頭演説会。

 〜参院選マニフェスト・エネルギー政策を訴える〜

2022.6.15

2022年6月15日(水)、第208回通常国会閉会日の18時から、新橋駅頭で国民民主党・ファーストの会合同・街頭演説会。 「国会審議の8割以上は法律を時代に合わせる審議。国会は法律を作るというより、法律を直す話し合いであり、正に生活と直結!」と述べ、電力自給ひっ迫の恐れを捉え、国民民主党の参院選マニフェストのエネルギー政策を訴え、お集まりの皆さまから応援の拍手をいただきました。

榛葉賀津也・幹事長、杉浦賢次・連合東京会長、礒ア哲史・都連会長に続きマイクを持ち、その後、矢田わか子・副代表、川合孝典・参院国対委員長、荒木ちはる・ファーストの会代表、最後に玉木雄一郎・国民民主党代表が、それぞれ参院選に挑む決意を訴えました。都民ファーストの増子ひろき・都議会議員の発声で「ガンバロウ」と拳を上げました。

写真
このページのTOPへ