北陸電労大会。コロナ禍での電力安定供給に感謝

 〜組織内国会議員の必要性を訴える〜

2022.6.14

2022年6月14日(火)、北陸電力労働組合第70回本部定時大会が富山市で開催され、オンラインで挨拶。冒頭、日ごろのご支援とコロナ禍で安定供給を守っていることに感謝を申し上げ、電力需給ひっ迫や新電力の撤退等から、「原子力を含め、エネルギー政策は国会で議論される。国政に組織内議員を送ることが大事」と訴え、国民民主党の参院選マニフェストを報告し、現実的な政策と偏らない政治を実践する国民民主党の党勢拡大と参院選への支援を願いました。

3期目の任期満了で退任することを報告。18年に及ぶご支援に感謝し、「電力システム改革の検証が必要であり、引き続き現場の声を国政に届けて欲しい」と願いました。

これより前、「竹詰ひとし」必勝セレモニーが行われ、オンラインで選挙に挑む決意が力強く述べられ、宮本 篤・本部執行委員長はじめ、大会構成員の皆さまから「ガンバロウ」の拳が上げられました。

写真
このページのTOPへ