中国電労・文化リーダーセミナー。時代の変化に挑む!

 〜電力を取り巻く課題、組織内議員の必要性を訴える〜

2022.6.3

2022年6月3日(金)、中国電労の3年目組合員220名超が出席する文化リーダーセミナーがウェブで開催され、国政報告をしました。冒頭、コロナ禍で電力の安定供給を守っていることに感謝を申し上げ、「デジタル化や高速通信の進展、カーボンニュートラル、コロナ禍等で社会が変わってきている。若い皆さん!新たな時代にチャレンジして欲しい!」と訴えました。

国政報告では、需給ひっ迫や電気料金上昇、政府のエネルギー政策の課題、6月2日島根原子力発電所2号機への丸山達也・島根県知事の再稼働同意表明に対する意義等を述べ、国民民主党参院選マニフェストを報告。エネルギー政策は常に国会で議論されることから、組織内国会議員の必要性を訴え、「竹詰ひとし」後援会拡大を願いました。

最後に「ご安全に」と述べ、18年に亘る活動へのご支援に感謝を申し上げました。

写真
写真
このページのTOPへ