東電労組東京地区本部定時大会。職場と政治は直結!

 〜出身母体の仲間に18年間のご支援に感謝〜

2022.6.2

2022年6月2日(木)、出身母体である東電労組東京地区本部の定時大会が礎会館で開催され、コロナ禍下で首都東京の電力供給を守っている頑張りに敬意を表し、引き続きの安全作業を願いました。

挨拶では、参議院18年にわたるご支援と日ごろの連携に感謝を申し上げ、エネルギー政策及び電力自由化の課題と参院選・国民民主党マニフェストを報告。「電力に係る課題は国会で議論される。引き続き組織内国会議員が必要」と訴え、下山克己・執行委員長はじめ会場とウェブ出席の大会構成員160名超の皆さまから激励をいただきました。

「竹詰ひとし」候補予定者は、ウェブで参院選に挑む決意が述べられました。また、東京の組織内議員で今月改選を迎える「大石ふみお」立川市議会議員を激励しました。

写真
このページのTOPへ