北陸電力総連大会。
3期18年に亘るご支援に感謝

2022.7.19

2022年7月19日(火)、北陸電力総連第42回定時大会が富山県で開催され、冒頭、2年半に及ぶコロナ禍で、また、新規感染者が急増している中、電力事業や安定供給への対応に感謝を述べ、安全作業を願いました。

あいさつでは、3期18年に亘るご支援に感謝を申し上げ、電力総連が勝ち取り守ってきた議席を、竹詰ひとし氏にバトンタッチ出来たことを報告。宮本篤会長はじめ大会構成員の皆さまと喜び合いました。

また、電力需給ひっ迫や電力システム改革、働き方改革等の課題について報告し、いずれも国会で議論されることから、現場の声を国政に届けることを願いました。退任にあたり、花束と温かい拍手をいただきました。

あいさつの後、金沢市にある石川労働局を訪ね、長嶋政弘局長はじめ幹部の皆さまと労働関係について意見交換。また、厚生労働大臣政務官時代に、秘書官の1人として支えていただいた、河村智職業安定部長と懇談。元気に明るく頑張る姿から、活躍振りが伝わって来ました。

写真
写真
このページのTOPへ