電工部会研修会。働き方改革の労使交渉状況を聞く

 〜「竹詰ひとし」の後援会拡大を願う〜

2022.2.24
>

2022年2月24日(木)電力総連・電工部会2021年度役員研修会が都内のホテルにおいてウェブ併用で開催されました。冒頭、コロナ、豪雪の中での作業に敬意を表し、春季生活闘争にエールを送り、参議院選「竹詰ひとし」の後援会拡大活動を願いました。

国政報告では、2022年度予算の審議状況等について述べ、働き方改革の法律適用が建設業(電工部会の企業は建設業)については2024年4月1日からとなっていることから、時間外労働上限規制に対する労使交渉の状況を北海電気工事労組とシーテック労組、北陸電気工事労組から報告をいただきました。関連して、労働災害撲滅を願い、労働安全衛生委員会で厚生労働省の「あんぜんプロジェクト」参加の話し合いを願いました。(2月7日現在1,067事業所が登録)

酒井昌也・電工部会長はじめ50名を超える皆さんと「労働災害防止!ガンバロウ」と拳を上げました。

写真
写真
このページのTOPへ