国民民主党定期大会。参院選必勝!「対決より解決」の政治を貫く

 〜「竹詰ひとし」はじめ参院選候補予定者を紹介〜

2022.2.11
>

2022年2月11日(金・祝)、国民民主党2022年定期大会が都内においてウェブ併用で開催され、玉木雄一郎・代表のあいさつの後、ご来賓の芳野友子・連合会長から祝辞をいただきました。なお、芳野会長は大会終了まで会場におられました。

議事で2022年度活動方針及び予算等を決定。活動方針では、参院選の勝利に向け、すべての取り組みを参院選に直結させて体制を整え、複数区では原則候補者を擁立する。また、本年行われる各地の自治体選挙、来年の統一地方選挙に勝利して、全国各地で一人でも多くの仲間を増やすことに全力を尽くすことを確認。その後、参院選候補予定者からビデオで決意が述べられ、会場参加の「竹詰ひとし」はじめ10名が登壇しました。

第2部のトークイベント「地域から 動け、日本」では、玉木代表から主要政策についてプレゼンテーションがあり、宮崎、島根、愛媛、東京の県連・都連とウェブで結び質問を受け、大塚耕平・政調会長のリードの下、昨年の衆院選で初当選された斎藤アレックス・議員(滋賀)、長友慎治・議員(宮崎)、田中 健・議員(静岡)、鈴木 敦・議員(神奈川)が答えました。

大会の結びは、国民民主党の躍進と来る参院選の勝利に向け、出席者全員で国民民主党のタグライン「つくろう、新しい答え」に思いを込めチーフを振りました。

写真
写真
このページのTOPへ