九州電労政治研修会。竹詰ひとし必勝!

 〜政治は職場と直結!電力グループの課題は国会で議論〜

2022.2.10
>

2022年2月10日(木)、九州電労政治研修会が福岡で開催され、ビデオで政治活動の必要性と竹詰ひとし必勝!を訴えました。

特に、「川内原子力及び玄海原子力の再稼働や特定重大事故等対処施設工事、太陽光発電の拡大に伴う課題等は国会で議論されてきた。また、働き方改革や作業の安全確保も議論されている。政治は職場と直結!『竹詰ひとし』へバトンタッチできるように一緒に頑張らせて欲しい」と願いました。
また、タイ国の一等書記官等の経歴を紹介し、「国際感覚にも優れており、連合本部の局長等の幅広い経験を活かし、電力の安定供給なくしては成り立たない時代を切り開いていけるのは『竹詰ひとし』である」と訴え、必勝に向けガンバロウの拳を上げました。

ビデオ撮影時に、本人と、帯同している電力総連政治渉外局の清水尚人・執行委員が元気な姿を見せてくれました(^∇^)

写真
このページのTOPへ