党・エネルギー調査会。浅野会長(衆)、礒ア事務局長(参)

 〜経済安全保障とエネルギー安全保障を学ぶ〜

2022.2.1
>

2022年2月1日(火)、国民民主党・エネルギー調査会が開催され、役員体制を確認。経済安全保障とエネルギー安全保障について、大塚耕平・経済調査会長に講演をいただき、意見を交わしました。
なお、竹詰ひとし・候補予定者が浅野議員との対談で議員会館に居り、浅野会長のご配慮で冒頭にあいさつの機会をいただきました。

(役員体制)
顧問:大塚耕平(参)、小林正夫(参)、会長:浅野 哲(衆)
副会長:舟山康江(参)、西岡秀子(衆)、事務局長:礒ア哲史(参)
事務局次長;長友慎治(衆)、田中 健(衆)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ガソリン高騰!対策について】
国民民主党は昨年10月の衆院選(追加公約)から「トリガー条項の凍結解除」を訴えています。
私も、2021年12月10日(金)、岸田文雄・総理大臣の所信に対する代表質問で、ガソリン価格の高騰対策としてトリガー条項の凍結解除を求めました。
私たち国民民主党は、ただ価格を下げろ、と言っているのではなく、1月30日(日)のNHK日曜討論で大塚耕平・政調会長も発言したように、「国民生活のみならず企業支援の側面でも有益な措置であり、給料のあがる経済政策に資する」と考えています。
皆さまもぜひ一緒に!声を上げていきましょう。

写真
このページのTOPへ