電力総連ユニオンカレッジ。新たな時代に挑戦を!

 〜議員18年間の活動報告「現場の声が国を動かす」「労災防止」〜

2022.4.13

2022年4月13日(水)、電力総連ユニオンカレッジフォローアップ研修会が全国をウェブで結び開催。議員活動18年間の経験報告として「現場の声が国を動かす」「労働災害防止」「電力の安定供給」を中心に述べ、併せて、今日の国会の動向、国民民主党の政策について報告。「デジタル、高速通信、電気自動車等の進展で、電力の安定供給がなければ社会が成り立たなくなる。電力総連の皆さん!新たな時代に挑んで欲しい」と願いました。

北海道電労の泊特別支部の佐々木奎輔・書記長に原子力再稼働への激励。沖縄電労の大屋尚子・副書記長に、5月15日(日)東京で開催される「沖縄の日本復帰50年式典」に出席することをお伝えしました。

結びに、「竹詰ひとし」にバトンタッチ出来て18年の活動が完結すると訴え、50人を超える皆さんと、竹詰必勝!の拳を上げました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(ちょっと報告♪)
4月14日の総務委員会から、3月17日の議院運営委員会理事会決定に基づき、試行としてパソコン等を持ち込むことが可能となりました。使用申請書を提出し、理事会の許可を受けタブレットを持参。厳格な使用範囲が定められていますが、“時代遅れの男”にならないように、十分使いこなせるようにします(^.^)

写真
写真
このページのTOPへ