月刊エネフォ10月号取材記事。CO2削減と原子力

 〜 カーボンニュートラル社会の実現に向けてあらゆる手段を確保・活用 〜

2021.10.6

エネルギー政策ビジネス総合情報誌・月刊エネルギーフォーラム10月号の「問われる原子力政策の独自色」の記事に、先月取材を受けた、衆議院選挙に向けての原子力政策、特にカーボンニュートラルと原子力についてコンパクトに掲載されています。

国民民主党は、原子力に代わるエネルギー源が確立されるまでは、既存の原子力は我が国の電力供給基盤における重要な選択肢として位置付けるとし、前回の参議院選で示した3項目に、「カーボンニュートラル社会の実現に向けてあらゆる手段を確保・活用する」を加えました。私は、カーボンニュートラルの実現・CO2削減に対しては、原子力の再稼働、最新型原子炉によるリプレース、高温ガス炉による水素製造等を進めることが必要と考えています。

写真
このページのTOPへ