中部電力総連フォーラム。電力総連と政治の繋がり

 〜竹詰ひとし後援会拡大を訴える〜

2021.11.30
>

2021年11月30日(火)令和3年度中部電力総連政策フォーラムが名古屋市で開催され国政報告をしました。冒頭、衆議院選挙で国民民主党にご支援をいただいたことに感謝を申し上げ、第6次エネルギー基本計画の課題及び国民民主党のエネルギー政策、電力総連と政治の繋がりを述べ、竹詰ひとし後援会の拡大を願いました。

国政報告では、12月6日(月)に召集される臨時国会の審議内容、国民民主党が目指すガソリン高騰対策(トリガー条項の凍結解除)、2022年度政府・与党の税制改正等を報告。組織内議員の日比雄将・愛知県議会議員及び芳賀裕崇・豊橋市議会議員との対話では、コロナ3回目ワクチン接種の課題、オミクロン株に対する政府への要望等をお聞きしました。今後の活動に活かしてまいります。

年末年始・厳寒期を迎え、近藤康晴・事務局長はじめ60名超の皆さんと労働災害防止の拳を上げました。

写真
写真
このページのTOPへ