電力総連「計器・電気機器部門」。省エネ機器開発に期待!

 〜 来年7月の参議院選への支援を願う 〜

2021.3.11

2021年3月11日(木)、電力総連第2回業種別連絡会「計器・電気機器部門」が、リモートで開催され国政報告をしました。 冒頭、日ごろのご支援に感謝を申し上げ、東日本大震災10周年追悼式に参列したことを報告し、東北地域にある東北電機製造労働組合、東北計器工業労働組合、通研電気工業労働組合の委員長に震災後10年経った状況をお聞きしました。職場や身の回りの復旧は終わっているが、地域の復興が道半ばである等の話がありました。これからも被災地の復興に引き続き取り組んでまいります。

国政報告では、計器・電気機器部門における現状と今後想定される取り組みについて述べ、カーボンニュートラルに向けた新たな機器や省エネ機器の開発に期待をしました。また、来年7月の参議院選で電力の議席を守るための支援を願い、意見交換では、党の情報発信や胸を打つキャッチフレーズの打ち出し等が求められました。貴重なご意見を党活動に反映していきます。

春季生活闘争交渉にエールを送り、25名を超える皆さんから温かい激励をいただき、画面を通じ「春闘頑張ろう!」と力強く拳を上げました。

写真
このページのTOPへ