東日本大震災10周年追悼式

 〜 犠牲となられた方々のご冥福を祈る 〜

2021.3.11

東日本大震災、福島第一原子力事故から10年。亡くなられた方々にご冥福を、被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げます。

2021年3月11日(木)政府主催の「東日本大震災10周年追悼式」が国立劇場で挙行され参列。14時46分黙とう、犠牲となられた方々のご冥福を祈りました。

当時は、民主党政権で労働担当の厚生労働大臣政務官でした。震災直後に厚生労働省が直ちに立ち上げた7府省による「被災者等就労支援・雇用創出推進会議」の事務局長として、「日本はひとつ・しごとプロジェクト」で就労施策を展開。また、ハローワークに特別相談窓口を設置し、震災で休業し給料が支払われない方々には、離職していなくても失業給付が受けられる雇用保険の特例や雇用調整助成金を受給しやすくするための措置を講じたこと。また、各省に労働災害防止の取り組みの強化を求め、同年7月の全国安全週間のスローガンは「安全は家族の願い 企業の礎 創ろう元気な日本!」にしたことが思い出されます。

ポスターは今でも手元に。
これからも被災地の復興、原子力事故の収束、生活再建等に引き続き全力で取り組み、そして、労働災害防止、「元気な日本!」を目指し頑張ってまいります。

写真
このページのTOPへ