フード連合。働き方改革フォローアップ・労災防止等を聴く

 〜 厚労省の事務所衛生基準見直し検討状況を報告 〜

2021.2.25

2021年2月25日(木)、日本食品関連産業労働組合総連合会(略称:フード連合)の伊藤敏行・会長はじめ各局長、地域ブロック局長の12名の役員の皆さまと、リモートで働き方改革のフォローアップを中心に労働災害防止等について意見を交わしました。

冒頭、日ごろのご支援に感謝と、春闘の激励を申し上げ、テレワークにおける作業環境検討及び事務所衛生基準見直しの検討について、今日までの経過と厚生労働省の動きを報告。意見交換では、労災防止指導員の配置、テレワークの労働環境の整備等について要望をいただきました。今後の活動に活かしてまいります。また、フード連合から提起されている「養殖業の労働基準法一部適用除外の解消」については、連合とも連携を図り取り組んでまいります。参加の皆さまから温かい激励をいただきました。

写真
このページのTOPへ