橋本聖子・女性活躍大臣に女性差別撤廃等を申し入れ!

 〜 森喜朗・オリパラ組織委員会会長へ厳しい姿勢で臨むことを願う 〜

2021.2.9

2021年2月9日(火)国民民主党は、橋本聖子・女性活躍担当大臣及び男女共同参画担当大臣に、女性差別の撤廃と男女共同参画推進の取り組みとして、国会、地方議会等における意思決定の場に女性を増やすこと、選択的夫婦別姓制度の早期実現、国連女性差別撤廃条約選択議定書の早期批准を申し入れました。

また、大臣は東京オリンピック競技会大会・パラリンピック競技大会担当大臣でもあり、森喜朗・東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長の発言はオリンピック憲章等に反し、女性差別に通じるものであり、森会長に厳しい姿勢で臨むことを願いました。

写真
このページのTOPへ