日本退職者連合・国民民主党 政策懇談会

 〜政策制度要求・社会保障、税制、医療制度等を受ける〜

2021.8.4

 2021年8月4日(水)、日本退職者連合・国民民主党 政策懇談会が衆議院会館で行われ、新型コロナウイルス感染症対策、及び低所得高齢単身者女性問題への対応を含めた「2021年度政策・制度要求」お受けしました。

日本退職者連合の人見一夫・会長と国民民主党の玉木雄一郎・代表のあいさつの後、終末期医療における本人の意思を尊重する延命措置回避の仕組み、医療費自己負担2割、運転免許証返納等について意見を交わしました。

延命措置について、認知症になってからでは遅い、自分で意思決定できるうちに意思表示をしておく仕組みが必要である。また、運転免許証返納について、「返納したが地方に行ったときに車が必要と感じ、返納を失敗と思った」と話がありました。高齢者である私には考えさせられるテーマでした。

写真
このページのTOPへ