四国電力総連国政報告。役割が増す地方議員への支援!

 〜 現実的なエネルギー政策・党エネルギー調査会への要望を受ける 〜

2021.4.3

2021年4月3日(土)午後、四国電力総連「2020年度政策制度勉強会」が香川県で開催され、ウェブにより「国政を巡る至近の動向」について報告。冒頭、日ごろのご支援に感謝を申し上げ、生活に直接かかわる地方自治体議員への支援と、来年7月の参議院比例選「竹詰 仁(たけづめ ひとし)」候補予定者への支援を願いました。

国政報告では、各部会や電力に係る法施行の課題、南海トラフ地震対策、原子力立地特別措置法、10kW未満の太陽光発電設備の分割審査開始等について述べ、併せて、電保部会から強く要望されていた実務経験年数短縮について、2021年4月1日から電気工事士法改正の省令改正により「実務経験が一律3年以上」になり、要望が実現したことを報告しました。

質疑では、現実的なエネルギー政策の構築及び国民民主党のエネルギー調査会への要望、原子力40年制限制についてご意見・要望をいただきました。
豊島 稔・四国電労本部副委員長はじめ参加の皆さまと「労働災害防止!頑張ろう」と拳を上げ、温かい激励をいただきました。

写真
このページのTOPへ