国民民主党定期大会。党勢拡大!衆院選・地方選勝利

 〜 「新型コロナウイルス対策」に全力で取り組む 〜

2021.4.2

2021年4月2日(金)18時、「国民民主党2021年定期大会」が東京虎ノ門ヒルズフォーラムで開催。
今年の衆議院選及び来年7月の参議院選、都議選、地方自治体選等の各種選挙の勝利、男女共同参画社会の実現と女性候補比率35%の達成、党員・サポーターの倍増による党勢拡大などを柱とする「2021年度活動方針案」と、2020年度活動報告では、新型コロナウイルス関係で国民民主党が提案し実現した主な政策(下記の通り)が報告され、いずれも満場一致で承認されました。ご来賓の神津里季生・連合会長は出張先からZOOMで挨拶をいただきました。

なお、役員体制は継続。玉木雄一郎・代表、榛葉賀津也・幹事長の下、引き続き執行役員会、倫理委員長、国民民主党・新緑風会(参議院)会長の任に当たります。

コロナ対策により、会場出席は国会議員、会派所属議員、公認候補予定者の計43人。ZOOMで地方代表者。支援団体、党員・サポーターの皆さんにはYouTube配信でご覧いただきました。

【コロナ関係で国民民主党が提案し実現した主な政策】

@ 全国民一律10万円給付【解決】
(他党に先駆け、一律給付金を最初に提案)

A 休業支援金の対象拡大【解決】
(中小企業のみだった給付対象の拡大を提案)

B 水際対策の強化【解決】
(例外となっていたビジネス往来の停止を提案)

C PCR検査の拡大【解決】
(低コスト「プール方式」の拡充を提案)

D 総合支援資金の貸し付け枠拡大【解決】
(ネットで寄せられた要望を基に拡大を提案)

E 事業者向け支援【解決】
(国が家賃を立て替え払いする法案を提案)

F 医療機関支援【解決】
(医療機関向けの緊急包括支援交付金の増額を提案)

G 孤立担当大臣【解決】
(2019年に他党に先駆けて提案・官房長官にも直訴)

H 学生への支援【解決】
(最大20万円の一時金支給を含む学生支援法案を提出)

I 妊婦への支援【解決】
(働く妊婦さんが休みやすい有給制度や相談窓口設置を提案)

写真
このページのTOPへ