最後の総務会。2年間に亘り総務会長を支えて頂き感謝

 〜 国民民主党の解党を議題とする党大会(9/11)招集を決定 〜

2020.9.8

2020年9月8日(火)国民民主党は第103回総務会を党本部で開催し、合併新党設立に向けた取り組み、合併新党への参加が叶わない議員への対応等について協議しました。

冒頭の玉木雄一郎・代表の挨拶に続き、平野博文・幹事長より、立憲民主党等との合併新党の設立について、「149人の議員が入党(国民民主党62人のうち40人)することになり、9月10日に代表・党名選挙、15日に結党大会が開催される。また、議員14人から政党分割(いわゆる分党)の申し出により資産分割を協議し合意をとりまとめた」との報告があり承認されました。これを受け、9日(水)に両院議員総会、11日(金)に国民民主党の解党を議題とする党大会を招集することを決めました。

終わりに総務会長として、今日まで仲間の皆さまにお支えをいただいた事に感謝し、「2年にわたり総務会長をつとめ、総務会でさまざまな議論や政策判断を経験してきた。今回はそれぞれの判断した方向に行くが、志はおそらく同じなので精いっぱい頑張っていきたい」と挨拶し、最後の総務会を閉じました。

写真
このページのTOPへ