四国電力総連国政報告「国民民主党の党勢拡大」を願う

 〜 第2回常任執行委員会・リモートで参加 〜

2020.11.20

2020年11月20日(金)18時、四国電力総連第2回常任執行委員会が高松市の四国電労会館で開催され、リモートで国政報告をしました。

冒頭、橋本文弘・会長はじめ常任執行委員会の皆さまに日ごろのご支援と、国民民主党の党員・サポータ登録に感謝を申し上げ、登録者に12月18日の党代表選挙で一票投じることを願い、国民民主党の党勢拡大への支援をお願いしました。

国政報告では、立憲民主党との合流協議の結果、国民民主党に残る選択をしたことと、憲法論議に参加していく改革中道政党として現実的政策に取り組んでいることを述べました。また、10月30日の菅総理に対する代表質問の内容、5月25日の行政監視委員会で取り上げた電力の規制料金撤廃に関する質疑内容を報告し、各部会の課題を共有しました。

出席の皆さまから画面を通じて温かい激励をいただきました。

写真
このページのTOPへ