関電工労組大会ビデオ挨拶。
働き方改革・時間外上限規制の取り組みを!

 〜 身近な課題や政策提言、党員・サポーターの登録に感謝 〜

2020.7.3

2020年7月3日(金)、関電工労働組合第77回定期大会が都内で開催され、新型コロナウイルス感染拡大によりビデオで挨拶をしました。

冒頭、日ごろのご支援に感謝を申し上げ、身近な課題や政策提言、国民民主党の党員・サポーターへ200名以上の登録をいただいたことにお礼を述べ、昨年の台風15号の復旧工事、新型コロナ感染拡大における勤務体制の取り組み、事業の海外展開への対応など、大森勇・執行部の活動に敬意を表しました。

働き方改革の時間外上限規制(月45時間、年間360時間。但し、災害の復旧・復興は除かれる)は昨年4月から施行されていますが、建設業は5年間猶予され、4年後の2024年4月1日から適用になることから、労働条件の改善と健康で働き続けられる職場づくりへの取り組みを願い、電力総連及び電工部会のリーダー組合・関電工労組にエールを送りました。

写真
このページのTOPへ