合流協議「国会が始まったことも踏まえ国会論戦に集中」

 〜 国民民主党第79回総務会。立憲との合流協議の結果を確認 〜

2020.1.22

2020年1月22日(水)17時、国民民主党第79回総務会を党本部で開催し、平野博文・幹事長から1/21(火)に両党幹事長間で行われた立憲民主党との合流協議の結果について報告があり、その内容を確認しました。

【幹事長報告要旨】
・ 昨日(1/21・火)、1/20の両議院総会までの党内議論の結果を報告した
・ 立憲からは、立憲が求めていた1/20に政党合併の結論を出すには至らなかったことに対して「とても残念」との答えがあった。その上で、次のことを共有した
・ 通常国会が始まったことも踏まえ、当面は共同会派としての連携を一層強化し、国会論戦に集中していくこと
・ 国会での連携の強化・深化は、政党間の信頼の醸成に寄与するものであること
・ また、解散・総選挙を視野に入れ、国会内外の野党連携の強化にも取り組んでいくこと

【直近の主な経過】
・ 1/15(水)両院議員懇談会で、玉木雄一郎・代表から「根幹である党名、綱領、基本政策、合流方式、人事等の協議が不十分である」旨の報告がされた
・ 1/20(月)両院議員総会で、「引き続き代表を支え、協議を継続していく」方針を確認
・ 1/21(火)両院議員総会の確認を受け両党幹事長会談

写真
このページのTOPへ