通常国会。政治は生活に直結!国会見学にお越し下さい

 〜 総務委員会で行政評価に関わるエネルギー政策や労働政策等に取り組む 〜

2020.1.20

2020年1月20日(月)第201回通常国会が召集されました。会期は6月17日迄の150日間。

10時からの本会議で議席指定、特別委員会設置等を行った後、13時から開会式が行われ、その後、施政方針演説、外交演説、財政演説、経済演説が行われました。1/22(水)以降、衆・参で政府四演説に対する本会議(代表質問)や予算委員会、各委員会が開かれます。

所属委員会は総務委員会、行政監視委員会、災害対策特別委員会。
調査会は国際経済・外交に関する調査会(野党筆頭理事)。
特に総務委員会では、行政評価に関わるエネルギー政策や労働政策、また、地方自治については地方自治体議員と連携を図り、「現場の声が国を動かす」の信念で取り組んでまいります。

なお、今国会で政府が提出を予定している法案は52件(過去最低)で、2020年度予算、パート労働者の厚生年金適用拡大や70歳までの就業機会の確保等の社会保障制度見直し、再エネ賦課金に関わるFIT法の改正等、生活に直結した課題が審議される見込みです。
是非、国会見学にお越しください。事務所一同お待ちしています。

立憲民主党との合流協議ですが、1/20(月)17:30からの両院議員総会で、「引き続き玉木代表を支え、協議を継続していく」方針を確認しました。

写真
このページのTOPへ