変化する日本社会に挑む!電力総連賀詞交歓会

 〜 4月1日に送配電分離。職場と連携し課題に取り組んでいく 〜

2020.1.06

2020年1月6日(月)、電力総連賀詞交歓会が電力総連会議室で開かれ、年頭に当たり、人口減少や人工知能、国際情勢等により変化する日本社会に挑んでいく決意、併せて、電力総連全体に影響が及ぶ4月1日からの送配電分離は、職場と連携し課題に取り組んでいくことを述べました。

また、次期衆議院選への支援を願い、野党の合流については「電力総連や支援産別とも連携を図り取り組んでいく。党が一緒になるのであれば理念や基本政策の一致が必要。もう一つ大事な視点は、中道政治の立ち位置を軸に、2年半後の参議院選比例区で一定以上の議席獲得ができる枠組みをつくること」と訴え、坂田幸治・会長はじめ皆さまから力強い激励をいただきました。

なお、同日、連合2020新年交歓会、東電労組礎会館の新年賀詞交歓会に出席し、参加の皆さまと交流を深めました。

写真
写真
このページのTOPへ