「働き方改革」電工部会の提言で国が動いた!トーエネック労組研修会

 〜 労働災害防止、少しでも不安を感じたら作業を止める勇気を持つ 〜

2020.2.8

2020年2月8日(土)、トーエネック労働組合「2019年度フォローアップセミナー・政治活動への参加意識の醸成」が名古屋市のトーエネック本店会議室で開かれ、入社3年目の組合員約200人の皆さんに、組織内国会議員の活動を報告し、「現場の声が国を動かす」の信念で国政に挑んでいることを述べました。

特に、一昨年の働き方改革の法案審議では、本会議で安倍総理大臣と、厚生労働委員会では加藤厚生労働大臣と職場からいただいた意見・要望を基に質疑を交わしたことを述べ、「働き方改革における長時間労働の解消は、2013年10月にトーエネック労組他が組織する電工部会の提言を受け、数年に亘り予算委員会や厚生労働委員会で訴えてきたことが『時間外労働の上限規制』として実を結んだ。正に皆さんの声が国を動かした」と報告し、政治は身近であり、組合活動と政治の関わりを知っていただきました。

また、電工部会で労働災害が多いことを受け、私が地中線職場で経験したことを話し、「現場で少しでも不安を感じたら作業を止める勇気を持って欲しい」と願い、現在、労働災害撲滅を目指す法案作成に取り組んでいること話しました。

西野幸介・本部委員長はじめ皆さんから温かい激励をいただき、「労災防止!頑張ろう」と拳を上げました。

写真
写真
このページのTOPへ