JEC連合・役員の皆さまに国政報告

 〜 石炭火力の休廃止、在宅・テレワーク等の課題を共有化 〜

2020.8.6

2020年8月6日(木)、日本化学エネルギー産業労働組合連合会(JEC連合)新任役員の安原三紀子・副会長(JEC総研代表)、白石稔彦・事務局長、林公太郎・JEC総研副代表、岡光隆・JEC総研渉外部長が来所され着任の挨拶を受けました。
JEC連合には2004年、2010年、2016年の3回の参議院議員選挙をはじめ日常活動においてもご支援をいただいており、国政報告として最近の動向と以下の報告をさせていただきました。

(1)2030年までに石炭火力休廃止について
(2)在宅・テレワークの労災適用及び長時間労働について
(3)国際経済・外交に関する調査会における石油等調達の質疑について
(4)災害時における半壊家屋解体等支援について
(5)立憲民主党との合流協議

特に、石炭火力の休廃止については、JEC連合加盟組合の職場に石炭火力が存在することから課題を共有する旨を伝えました。皆さまからは、今後、電力総連等と連携を図っていく旨が述べられました。

写真
このページのTOPへ