岩手県議選・軽石氏3期目当選!引き続きの連携を図る

 〜個人演説会、街頭演説で軽石候補者の2期8年の実績を訴える〜

2019.9.8

 2019年9月8日(日)、岩手県議会議員選挙が行われ、軽石義則氏(電力総連組織内)が3期目の当選を果たしました。

 選挙戦終盤の9/6(金)、個人演説会及び街頭演説等で軽石氏の2期8年間の実績を訴え、支援を願いました。その中で、「軽石さんの初当選は東日本大震災の年であり、厚生労働大臣政務官を務めていた私等に情報をいただき、復興・復旧や失業者、仮設住宅、ガレキ等の対策に反映ができた。また、3年前の台風10号の被害状況を一緒に視察し、流木の撤去や中山間地域のラジオ電波不感個所の解消、ボランティア活動への支援等について要望をいただき、災害対策特別委員会で政府に対応を求めた。これからも連携を図り、課題に取り組んでいきたい。是非、軽石さんを勝たせて欲しい」と訴えました。

 なお、要望をいただきました「ボランティア活動への支援」については、国民民主党の政策に反映しました。

写真
写真
このページのTOPへ