台風19号「国民民主党・災害対策本部」。断水・停電の復旧について
関係省庁と事業者間での連携を求める

 〜 破損した太陽光パネルに触れると感電の恐れがあることを報告 〜

2019.10.15

 2019年10月15日(火)午前中、国民民主党本部に於いて、10/12(土)夕刻、伊豆半島に上陸し、関東地方を北上して広範囲に甚大な被害をもたらせた台風19号について党災害対策本部会議を開催しました。

 国民民主党の被災地県連とインターネットで結び、被害状況の報告を受けるとともに、国管理河川の決壊箇所及び浸水地域の復旧対策の実施や被害地域及び被災者への財政的支援、罹災状況の早期把握などの要望をいただきました。今後の取り組みに活かしてまいります。
私からは「水道と電気の供給は命に関係する。断水や停電の復旧において道路の復旧や土砂・倒木の撤去等について関係省庁と事業者間で連携し、出来るだけ早く復旧できるようにすることが大事」。また、二次災害防止の一つとして、「破損した太陽光パネルに触れると感電する恐れがある」ことを報告し、対策本部で共有化しました。

 今後も適時対策本部を開催し、災害復旧等の対応を進めてまいります。

写真
このページのTOPへ