関東・原電・電発「青年女性政治研修」。浜野必勝を訴える!

〜職場の課題は政治の場で扱うべき課題が多く政治は身近なもの〜

2019.5.18

 2019年5月18日(土)、関東電力総連・原電総連・電発総連の三総連合同青年・女性政治研修会が都内の礎会館で開催され、政治が生活や仕事と直結していることを述べ、浜野必勝を訴えました。

 関東・原電・電発の参加者からそれぞれ職場や事業の課題を述べていただき、原子力政策や石炭火力CO2削減、送配電分離、子育て・介護等の社会保障政策等、いずれもが労使関係では解決が難しく、正に政治の場で扱うべき課題であり、政治が身近であることに理解をいただきました。

 また、国民民主党は、男性中心の組織文化を変えるためには一定の女性比率が必要であるとして、選挙において「女性候補者比率30%」を目標に掲げ、その実現に取り組んでいることを報告。参加された100名を超える皆さんに「候補者に手を挙げて欲しい」と訴え、政治への参加を呼びかけました。
近い将来、研修会に参加された人の中から、電力総連組織内議員が誕生することを期待しています(^.^)

写真
このページのTOPへ