北陸電力総連で「送配電分離の省令公布経過」を報告

〜党エネルギー調査会中間報告及び野党連携等について理解を求める〜

2019.3.7

 2019年3月7日(木)、北陸電労会館(富山県)で北陸電力総連国政報告会が開催され、冒頭、日ごろの支援に感謝を申し上げ、浜野喜史・参議院議員からのメッセージを伝え、更なる支援を願いました。

 報告では、送配電分離に係る省令の公布経過を中心に、時間外労働時間の法制化や党エネルギー調査会中間報告、参議院選への取り組み、野党連携等について説明し、理解を求めました。また、省令のパブリックコメント等の対応をされた電力総連の萩原亮一・産業政策局長から、来年4月の送配電分離に対する電力総連の取り組みが報告されました。

 吉田昌樹・会長はじめ参加の皆さまから温かい激励をいただき、「参院選勝利!頑張ろう」と拳を上げました。

 参加者交流会では、災害時避難所のテレビ受信料の扱いや参院選選挙区の候補者擁立等の要望をいただき、尾上一彦・富山市議会議員から臨時財政対策債及び地方選挙の再統一について意見をいただきました。今後の活動に活かしてまいります。

写真
写真
このページのTOPへ