出身母体・東労銀座支部定時大会。浜野必勝を訴える!

〜東京の中心部の電力供給を担う仲間に安全第一の取り組みを願う〜

2019.6.12

 2019年6月12日(水)、出身母体である東電労組銀座支部第18回定時大会が港区の礎会館で開催され、冒頭、日々のご支援に感謝を申し上げ、東京の中心部の電力供給を担う仲間に安全第一の取り組みを願いました。
 国政報告では国会終盤の動きと国民民主党が参院選で訴える政策を報告し、経済産業委員長の重責を担う「浜野喜史」参議院議員の活躍ぶりを紹介。浜野必勝を訴えました。
 石井良行・執行委員長はじめ大会構成員の皆さまから温かい激励をいただきました。なお、今大会で石井委員長が退任され、加藤大陽・書記長が委員長に就任されました。

写真
このページのTOPへ