多摩地区電力総連新春の集い。統一地方選、参院選必勝!

〜電力の安定供給に取り組む労使の皆さまに感謝〜

2019.1.31

 2019年1月31日(木)、多摩地区電力総連新春の集いが八王子市の八王子労政会館で開かれ、日ごろの支援と、福島の復興支援や電力の安定供給、自然災害に対する迅速な復旧作業等について感謝を申し上げ、4月の統一地方選と7月の参院選への支援を願いました。

 浜野喜史・参議院議員からのメッセージを伝え、「子育て、介護等の社会保障の具体的窓口は自治体で行う。無電柱化の判断や地下埋設物の占用料金改定も自治体で行われる。日々の生活や電力の仕事に直接かかわる自治体に組織内議員や支援議員がいることが、どれほど心強いか」と訴え、出席された友好議員の皆さまにお礼を申し上げ、八王子市議会議員として3期12年、信念を持ちブレないで頑張っている地中送電職場の後輩「相沢こうた」議員を激励しました。

 また、安倍一強政治に対峙するために野党の結集が必要として、1/24(木)国民民主党が先陣を切り、国民民主党と自由党で統一会派を結成したことを報告し、清水重之・多摩地区電力総連会長はじめ120名を超える皆さまから力強い激励をいただきました。

写真
写真
このページのTOPへ