通常国会。現場の声が国を動かす!の信念で取り組む

〜会期は6/26迄の150日間。天皇陛下御臨席の下、開会式が行われる〜

2019.1.28

 2019年1月28日(月)第198回通常国会が召集。会期は6月26日迄の150日間です。午後、天皇陛下の御臨席を賜り開会式が行われ、その後、施政方針演説、外交演説、財政演説、経済演説がありました。

 所属委員会は総務委員会(理事)、行政監視委員会、災害対策特別委員会(理事)、政府開発援助等に関する特別委員会。なお所属委員会は会派人数が増えたことに伴い近いうちに見直しがされます。党においては引き続き総務会長、財金・総務・決算部会長、参議院副会長を務めます。

 今国会の政府提出法案は58本、条約10本の見込み。総務委員会では、地方自治や放送関係に係る課題等について質疑を交わしたいと思っています。いろいろな立場の人からご意見・要望を伺い、「現場の声が国を動かす」の信念で取り組んでまいります。なお、働き方改革関連法において47項目の附帯決議の中で求めたパワハラ、セクハラ防止に向けた政府案が提出され、厚生労働委員会で審議される見込みです。

 1/30(水)以降、政府四演説に対する代表質問や衆・参予算委員会、各委員会の審議と続きます。是非、国会見学や傍聴にお越しください。事務所一同お待ちしています。

写真
このページのTOPへ