四電グループ労使賀詞交歓会。浜野議員への支援を願う

〜組織内市議会議員と愛媛県で地域活動に取り組む新田聡氏を激励〜

2019.1.11

 2019年1月11日(金)、2019年四電グループ労使賀詞交歓会が高松市のJRホテルクレメント高松で開かれ、年頭挨拶と日ごろのご支援に感謝を申し上げ、経済産業委員長として活躍している浜野喜史・参議院議員への支援拡大を願いました。併せて香川県選出の玉木雄一郎・代表の下、国民民主党が改革中道政党とて生活者の側に立ち、状況を見極め対案や附帯決議を提出する現実的な政治を行っていることを述べ、党勢拡大への支援を願いました。

 また、子育てや介護等の社会保障や外国人労働者の受け入れ拡大等で窓口となる自治体に仲間の議員がいることの意義を述べ、出席された組織内議員の大西智・高松市議会議員、武知浩之・徳島市議会議員と、愛媛県で地域活動に取り組む新田聡氏を激励しました。

 電力の安定供給確保の必要性と伊方原子力3号機の再稼働について述べ、FIT制度・賦課金の抑制、電気料金規制の動向について報告。労働災害防止については、公益社団法人教育文化協会が募集した「私の提言」に、四国電力総連から全国電力総連に派遣されている松木伸介・組織局部長が、厚生労働省の“あんぜんプロジェクト”を題材に【「働くことを軸とする安心社会」への実現にむけて】を提言し、奨励賞を受賞したことを紹介。“あんぜんプロジェクト”への参加と労働災害防止を訴えました。

 橋本文弘・会長はじめ出席された150名を超える皆さまから温かい激励をいただき、親交を深めました。

写真
写真
写真
このページのTOPへ