電力総連中央委員会。春闘勝利と浜野必勝を訴える!

〜国民民主党が進める野党連携に理解を求める〜

2019.2.14

 2019年2月14日(木)、電力総連2018年度第1回中央委員会が都内のホテルで開かれ、日ごろの支援に感謝を申し上げ、2019春闘勝利、統一地方選及び参院選必勝を訴え、「浜野必勝!頑張ろう」と全員で唱和、浜野喜史・候補予定者を激励しました。

 国政報告では、働き方改革関連法で時間外労働の上限が月45時間、年360時間に法制化されたことを報告し、36協定で更なる時間外労働の削減を願いました。また、附帯決議で求めたハラスメント防止について、今国会で政府案を審議すること、昨年12/27公布された送配電分離に係わる省令作成の経過について報告しました。

 国民民主党について、「改革中道政治の道を進む。正直な政治、現実的な政治を行う」と述べ、国民民主党が野党連携の先頭に立って1/24自由党と統一会派を結成、今後政策協議を進めていくことに理解を求めました。岸本薫・会長はじめ80名を超える委員会構成員の皆さまから力強い激励をいただきました。

写真
写真
このページのTOPへ