イラン・イスラム共和国国会議長一行歓迎晩餐会

〜原油は日本全体の輸入量の5.5%をイランから調達〜

2019.2.12

 今般、参議院の招待によりラリジャニ イラン・イスラム共和国国会議長一行が来日されました。ラリジャニ国会議長は2008年3月の選挙で当選し3期連続で議長を務められています。

 2019年2月12日(火)18時、伊達忠一・参議院議長主催の歓迎晩餐会が参議院議長公邸で催しされ、国民民主党を代表して出席し、和やかな雰囲気の中で対話をしました。なお、先方の希望によりアルコールの提供はなく、乾杯の提議も行われませんでした。

 最近の日本とイランの関係は、ローハニ政権発足後の2013年9月、高村総理特使のイラン訪問を皮切りに、これまで安倍総理とローハニ大統領との間で7回の首脳会議、ザリーフ外相との間で10回の外相会談を実施。また、「日イラン協力協議会」の下に設置された、環境、医療、経済協力、文化等の作業部会を開催し、日本製マンモグラフィ50台供与、湖枯渇、砂塵対策を実施。原油は日本全体の5.5%を輸入していると承知しています。

写真
このページのTOPへ