環境エネ国政報告。国政の動向と災害対策を報告

 〜 厳寒期の労働災害防止を訴える 〜

2019.12.11

2019年12月11日(水)、環境・エネ政策研究会が都内の礎会館で開かれ、国政報告をしました。
冒頭、主催者を代表して竹詰仁・関東電力総連会長が挨拶され、その後私から、この一年のご指導、統一地方選及び参議院選の取り組みに感謝を申し上げ、厳寒期の労働災害防止を訴えました。

報告では、11月から小林事務所の秘書として活動している清水尚人さんを紹介し、第200回臨時国会で質疑を交わした防災・減災への取り組みと台風による停電復旧の課題等についてや共同会派の実情と野党の動きについてを報告。

参加者交流会では、野党合流話と国民民主党の立ち位置、働き方改革の取り組み、災害時の停電復旧の課題等について意見を交わし、「来年も元気で頑張ろう!」と拳を上げました。

前週(12/6・金)に政策研究フォーラム2019年度第2回理事・評議員合同役員会が都内で開催され、活動報告と2020年全国会議の開催を確認。懇親会で政研フォーラム議員連絡会会長として挨拶。また、労組連絡会は会長の坂田幸治・電力総連会長が挨拶をしました。

写真
写真
写真
写真
このページのTOPへ