エネルギー資源確保!「海を通じて世界とともに生きる日本」
国際経済・外交に関する調査会のテーマを決定

 〜 臨時国会閉会。閉会中は各地で国政報告や年頭挨拶を予定 〜

2019.12.9

2019年12月9日(月)、国際経済・外交に関する調査会が開催され、3年間の調査テーマとして「海を通じて世界とともに生きる日本」に決定。併せて具体的項目は「海洋資源・エネルギーの確保など海洋の利活用及び開発の在り方」「海洋環境をめぐる諸課題及び取り組みの在り方」「我が国が海洋立国として国際社会を牽引するための取り組みと役割」と決定しました。
来年の通常国会から専門家や学者等の意見を拝聴し、議員間討議、視察等を行いながら調査結果をまとめてまいります。

テーマの決定に当っては、事前に行った与党理事や関係者との意見交換で、野党筆頭理事として「調査会の名称・目的から、天然資源が乏しいわが国は、資源外交や海洋資源・エネルギーの確保が重要である」旨を述べ、12/3(火)の理事懇談会で全員の賛成を経て、今回のテーマ及び具体的項目を調査会に諮ったものです。 

−−−−−−

第200回臨時国会が同日閉会しました。閉会中は各地で国政報告や年頭挨拶を予定しています。国会見学は平日出来ます。今年11月から本会議場や天皇陛下御休所、中央玄関での写真撮影が出来るようになりました。
事務所一同皆さまのお越しをお待ちしています。

写真
写真
このページのTOPへ