東京都電力総連大会。浜野議員と二人三脚で頑張る!

 〜猛暑の中で首都圏の電力の安定供給を守っていることに感謝〜

2019.8.9

 2019年8月9日(金)東京都電力総連第39回定時大会が礎会館で開催され、出身母体の皆さんに、日ごろのご支援と統一地方選、参議院選の取り組み、猛暑の中で首都圏の電力の安定供給を守っていることに感謝を申し上げ、「参議院3期目の折り返し、再選を果たした浜野喜史・参議院議員と二人三脚で国政に挑んでいく。働き方改革や労働災害防止、社会保障政策等に取り組んでいきたい」と述べ、併せて、東京オリンピック・パラリンピックの開催に向け、電力設備の増強や保守作業が続く中、安全第一の作業を願いました。
 佐藤重己・会長はじめ大会構成員の皆さんから温かい激励をいただきました。

 なお、立憲民主党から8/5(月)に示された衆院での立憲会派への合流提案について、8/10(土)の両院議員総会の議を経て回答することを報告しました。


【埼玉県知事選・大野元裕候補者を激励】
大会に先立ち、埼玉県知事選挙(8/8告示、8/25投開票)に立候補した大野元裕・候補者事務所を訪問。支援者の皆さんと「大野必勝!頑張ろう」と拳を上げました。その後、街頭に出ている本人から電話があり、猛暑の中で戦っている大野氏を激励しました。

写真
写真
写真
このページのTOPへ