大会 【大阪府電力総連第32回定時大会】

  
月 日     平成30年9月26日(水)
場 所     リーガロイヤルNCB(大阪市北区中之島))

 冒頭、6/18(月)に発生した大阪府北部地震と9/4(火)の台風21号のお見舞いを申し上げ、困難の中での復旧作業に敬意を表し、日ごろのご支援に感謝を申し上げました。

 浜野喜史・参議院議員は今週四国電力総連を訪問し、2期目挑戦への決意を訴えていることを紹介し、「大阪府電力総連の皆さんによろしくお伝えいただきたい」との言葉を伝え、「浜野議員のエネルギーや環境、労働政策等の取り組みは高い評価を受け、現在、経済産業委員長の要職に就いている。まっすぐ・ブレない政治姿勢で頑張る浜ちゃんと、引き続き二人三脚で国政に挑ませて欲しい」と訴えました。

 参院選比例区選挙の投票は7割を超える国民が政党名を書いている実態を述べ、「浜野必勝のためにもあらゆる取り組みを進め、国民民主党の知名度・支持率アップを図っていく。皆さんの力強いご支援をお願いしたい」と願いました。

 電力総連の各部会や業種別連絡会の課題の取り組みを報告し、「政治は生活や仕事と直結している。今後も浜野議員と連携し、“現場の声が国を動かす”の信念で職場の課題に取り組んでいく」と述べ、山本浩司・会長はじめ大会構成員の皆さまから温かい激励をいただきました。

写真
このページのTOPへ