国政報告 【電力総連ユニオンカレッジ2018】

  
月 日     平成30年10月27日(土)
場 所     レークトーレ葉山(神奈川県)

 日ごろのご支援に感謝を申し上げ、浜野喜史・参議院議員が元気で全国を巡り、2期目挑戦への決意を訴えていることを報告し、千羽鶴を目指し、参加者全員で浜野カラーのオレンジ色折り紙に激励の一言を書き“鶴”を折りました。

 また、国民民主党について、「生活者の側に立つ改革中道政党として、現実的な政策の実現を目指す。国民民主党が伸びなければ日本は良くならない」と訴え、党勢拡大に協力を求めました。

 国政報告では、労働災害防止を目的にした厚生労働省の「あんぜんプロジェクト」への参加を呼びかけ、職場から提起された課題の取り組み、働き方改革関連法、組織内議員の必要性、エネルギー政策等について述べ、“政治が生活や職場と直結している”ことを理解いただき、組織内議員の必要性を共有化しました。

 質疑では、電力を含めライフラインに携わる技術者の育成、太陽光発電出力制御の正しい理解への啓発、自然災害時の電力の対応と国の関与等について意見・要望が出され、現況と所感を述べました。

 沖縄から北海道まで全国から参加された50名を超える皆さんと「『労働災害防止』『参院選必勝』力を合わせ頑張ろう!」と拳を上げました。

写真
写真
写真
このページのTOPへ