民社協会拡大理事会。支援候補者の必勝を目指す!

〜民社協会と政党との関係、民社協会の今後の在り方について意見交換〜

2018.11.03
 2018年11月3日(土・祝)、友愛会館(東京都港区)で民社協会拡大理事会を開催。全国から60名を超える本部及び地方民社協会役員にお集まりいただき、民社協会と政党との関係、民社協会の今後の在り方について意見を交わしました。

 冒頭の会長あいさつで、今秋の叙勲受章者の木義明・前会長、城島光力・顧問、柳澤光美・顧問に祝辞を述べ、全員でお祝いの拍手を送りました。

 活動報告として国民民主党の結党や党代表選挙、国会の動向等について述べ、来夏の参院選比例区に民社協会を支えていただいているUAゼンセン(田村麻美・新)、自動車総連(礒ア哲史・現)、電機連合(石上俊夫・現)、JAM・基幹労連(田中久弥・新)、電力総連(浜野喜史・現)の5名が国民民主党の公認内定になっていることを報告、必勝に向け支援を願いました。

 意見交換では、多くの皆さまから発言をいただき、民社協会の理念や政治路線と近い国民民主党及び考えを同じとする候補者を支援していく。地方民社協会においては地域政策等を加味して判断する場合もある。また、民社協会の今後の在り方では、国会議員や地方議員、会員を増やし体制強化を図ること等が確認されました。

 参加者全員で「『民社協会の発展』『各種選挙勝利』頑張ろう!」と拳を上げました。
写真
写真
写真
このページのTOPへ