国政報告【岩手県民社協会第21回定期大会及び岩手県友愛会第24回総会】

  
月 日     平成30年5月27日(日)
場 所     ホテルルイズ(盛岡市)

  軽石義則・会長はじめ岩手県民社協会の皆さんに本部の活動を支えていただいていることに感謝を申し上げ、本部の活動を報告。また、国民民主党の結党について経過を述べ、「民社協会の理念や政策も反映できたと思っている。国民民主党は、国と国民生活に責任を持つ中道改革政党として、政権交代可能な二大政党政治の一翼を目指す」と訴えました。党を代表して、地元選出の階猛・衆議院議員(政調会長代理)が挨拶をされました。

 総会後に開催された「岩手県友愛会第24回総会」で民社協会を代表してあいさつ。福祉社会の構築が重要であることと、働き方改革は働くすべての人が安全で健康に働ける環境をつくることが大事である旨を述べ、石川昌平・岩手友愛会会長はじめ皆さんから力強い激励をいただきました。

写真 写真
このページのTOPへ