国政報告【東電労組東京地区本部 平成29年度第2回友好議員懇話会】

  
月 日     平成30年5月24日(木)
場 所     礎会館(東京都港区)

  東電労組東京地区本部主催の平成29年度第2回友好議員懇話会が開かれ、国会議員はじめ都議会議員,区議会議員、労使役員等80名を超える皆さんが参加されました。政策勉強会では「無電柱化推進に向けた東電の取り組みについて」の講演があり、その後、参加者交流会が行われました。交流会に出席し、日ごろのご支援への感謝を申し上げ、引き続きの連携と浜野喜史・参議院議員への支援を願いしました。若杉高志・執行委員長はじめ交流会参加の議員の皆さんと「明るい街づくり!連携を図って頑張ろう」と拳を上げました。

 交流会に先立ち、17時から渋谷駅ハチ公前のスクランブル交差点で、大塚耕平・玉木雄一郎共同代表と共に街頭演説。両代表から国民民主党を結党したことや国政に挑む姿勢が力強く訴えられました。代表に続きマイクを持ち、「国民民主党は、国と国民生活に責任を持つ!中道政党として現実政策を実行し、政権交代可能な政党を目指す。働き方改革ではどの様な働き方でも安全で健康で働ける環境をつくる」と訴えました。多くの人が足を止められ、激励の拍手や手を振っていただきました。手応えあり!です。

写真 写真
このページのTOPへ