国政報告【岐阜県電力総連「議員活動報告会」】

  
月 日     平成30年5月12日(土)
場 所     ワークプラザ岐阜(岐阜市舞鶴町)

  日ごろのご支援に感謝を申し上げ、冒頭、石原宏基・前岐阜県電力総連会長が岐阜市内で地域活動に取り組まれていることに、「組合活動の経験を活かし頑張って欲しい」と激励。石原氏から地域活動への思いが力強く語られました。また、浜野喜史・参議院議員が5/9(水)の本会議で経済産業委員長に選出され、活躍されていることを報告しました。

 国政報告では、電力総連の各部会及び業種別連絡会の課題への取り組みと、働き方に関する職場からの要望事項について、厚生労働委員会で加藤大臣と交わした質疑内容を報告。「今後、働き方改革の審議が本格化していく。更なる課題等があれば提起していただきたい」と願いました。

 国民民主党が5/7(月)に結党したことを報告。結党に至る経過を述べたうえで、「国民民主党の議員として引き続き“現場の声が国を動かす”の信念で頑張る。国と国民生活に責任を持つ政党として、国と国民生活、暮らしと雇用、エネルギー、食料等の安全保障に取り組む。今後の選挙で組織内はじめ支援候補者の勝利を果たし、政権交代可能な二大政党政治の一翼を担える政党を目指したい」と訴え、坂井孝行・会長はじめ70名を超える皆さまから力強い激励をいただきました。
 参加者全員で「労働災害防止!各種選挙勝利!力を合わせて頑張ろう!」と拳を上げました。

写真 写真
このページのTOPへ