民主主義と国民生活を守る!中道的な新党を結党する

〜〜3/29(木)常任幹事会で了承。両院議員総会に諮る〜
〜綱領や政党名等の所要事項については新党協議会の場で決定していく〜 〜

2018.3.29
2018年3月29日(木)17:10から開かれた第66回常任幹事会で、新党結党について大塚耕平・代表から「『中道的な新しい党』である新党を結党し、政権交代実現のために中核的な新党を構築する。志を共有する同志に結集を呼びかける」旨の提案がされ、常任幹事会として了承。3月30日(金)18:00からの両院議員総会に諮ることになりました。

 両院議員総会で確認された以降、綱領や政党名等の所要事項について、新党に参画意思のある同志と新党協議会の場で決定していくことになります。

 私は、「2/4の党大会で決定したことを進める提案であり賛成。当選した期ごとの議員懇談会では『民進党では選挙は戦えない』の意見ばかりであった。参議院比例選挙では国民の7割以上が政党名を書く。従って、新党への理解や支援を広げるためにも一日も早く新党を創らなければならない」と発言。なお、代表の提案に反対の意見もありました。
写真
このページのTOPへ