東日本大震災7周年追悼式。犠牲者のご冥福を祈る

〜引き続き、被災地の復興、原子力事故の収束、生活再建等に取り組む〜

2018.3.11
  2018年3月11日(日)東日本大震災から7年、今年も政府主催の追悼式に参列。地震発生時刻の14時46分に黙とう、犠牲となられた方々のご冥福を祈りました。

 7年前の地震発生時、NHKテレビ入りの参議院決算委員会に、厚生労働大臣政務官として出席していました。激しい揺れが長く続き、天井のシャンデリアが波打ち、恐怖と不安の中、壁に手を当てやっと身体を支えていたことを思い出します。引き続き、被災地の復興、原子力事故の収束、生活再建等に全力で取り組んでまいります。

 追悼式は都内の国立劇場で開催され、国歌斉唱、黙とうに続き安倍晋三総理大臣の式辞、秋篠宮殿下のおことばを賜り、三権の長、被災県の遺族代表、各国大使、国会議員、関係者等が献花を捧げました。
会場は皇居・半蔵門の近くにあり、桜のつぼみは少し膨らんでいました。
写真 写真
このページのTOPへ