国政報告【長崎県電力総連政治研修会】

  
月 日     平成30年6月30日(土)
場 所     ホテルセントヒル長崎(長崎市)

  日ごろのご支援に感謝を申し上げ、浜野喜史・参議院議員が経済産業委員長として活躍していることと、各地で国政報告を行っていることを伝え、電力総連各部会の課題への取り組み及び昨日(6/29・金)の本会議で可決成立した働き方改革関連法について報告。

 また、国民民主党の結党について経過を述べ、「国民民主党は、国と国民生活に責任を持つ政党。エネルギー政策を含め現実的な政策を実行していく」と訴え、多くの皆さんに国民民主党の党員・サポーターに登録していただいたことにお礼を述べました。

 組織内議員について、「地域のことは地域で決める地域主権の時代。自治体で無電柱化が取り扱われる。地域の中で分散型電源が拡大していく。組織内議員の役割は益々大きくなる。仲間が戦う中間選挙及び統一地方選挙、参議院選挙に勝利しょう!」と訴えました。質疑では、他の野党との政策の違いについて質問があり、基本政策の特徴を説明し理解をいただきました。

 本多毅・長崎県電力総連会長はじめ参加の皆さんと「選挙必勝!頑張ろう」と拳を上げました。その後、深堀浩・長崎県議会議員から県政報告が行われました。

 研修会場近くにある平和公園の平和祈念像前で、戦争のない平和な社会と核兵器廃絶を願いました。

写真
写真 写真
このページのTOPへ